2009年08月31日

Call of Duty!

こんにちわ、FILTERWEB担当BLUESです。

本日のお題です。

Call of Duty6 Modern Warfare 2 

もうすぐリリースされますね!(と言っても2009/11/10ですが)待ち遠しいです。
好きな方はご存知かもしれませんが、それに向けてトレーラーをご案内します。

サイズが大きいのでリンクを貼っておきます。→こちらをクリック



私はまだ前作のCall of Duty4 Modern Warfare をやり続けております。
これはこれで十分に面白いのですが、次回作には期待がかかります。



そういえば、前作のモデルになっている町の写真がありましたね、。
これを見ると良く出来ています。















いやー写真とゲームの背景がそっくりですね、。まさにこの町なのかな、。


前作をやっておられた方はもちろん、次回作から始める方にもお楽しみいただける作品だと思います。
ちなみに、前作のオンラインプレイでは、友人同士だけでのプレーなんて、本当にサバゲ状態になります。
結構個人の性格が反映されますので、面白いです。(笑)
次回作では、登場する銃器が増えてくれると面白いのですが、そのあたりはどうでしょうか、。
MASADAもあるのかな?!

北米版の予約が開始されているようですね。
まあそんなにあせらなくても、私は日本版が出てから買おうと思います。

以上、今日はこれぐらいで失礼いたします。




次回よりWebページにリンクさせていただきますので、よろしくお願いします。



  


Posted by BLUES  at 18:30Comments(0)Others

2009年08月30日

SUBROC製LifeVestの開発!

こんにちわFILTERWEB担当のBLUESです。

本日のお題は、こちらです。

SUBROC製LifeVestの開発!

そう、私もこの開発に参加させていただいております。
といっても、ほぼ遊び半分ですが、。(笑)
SUBROCスタッフさんと、「世界一友人の多い釣り人」武田栄氏ががんばる中、私はどんな釣り方しているのかな~♪っと興味津々!
実は、開発にもう2年近くかけております。その間試作を数回行い、その都度だめだしをしていただき、やっと良い物が出来てきました。後は、細かいところの手直しで完成です!


さすが武田さん!やってくれます!さすがプロ!かっこいいです!


そしてもう一つの顔。JazzDramer 。


この日は、JazzVorcalistの小柳淳子さんと、。


現在、TOP写真の紺系ベースの物と、マルチカム330デニールベースの物を製作しております。
使い勝手は武田栄さんお墨付きです。

早く完成しないかな~!私も楽しみです。



試作品を私も一日試してみました。気になるところはメモ書きにし、次の試作に反映しました。


以上、今日はこれぐらいで失礼いたします。




  


Posted by BLUES  at 18:30Comments(0)Fishing Use

2009年08月29日

AOR1とAOR2その後

こんにちわ、FILTERWEB担当のBLUESです。

本日のお題です。

AOR1とAOR2のその後




EagleとLondon Bridge Trading Companyより再度連絡がありました。
以前の記事で、AOR1=digital desert pattern AOR2=Wooodland digital pattern(マルチカムのデジタルパターン)と書いておりましたが、AOR2の方が今回また違う回答が着ました。

AOR2ですが、マルチカムのデジタルパターンと言っておりましたが、両社ともそれは違うとの回答です。
AOR2は、Wooodland digital patternだが、マルチカムの配色ではなくこの色だ!との事です。(頂いた写真は記載不可との事ですので、同じ柄の写真を載せます。以後すべてネットより採取してきた物です。)



どうやらAOR2=DIGI3=Wooodland digital pattern=上の写真との事、。

ユニフォームを依頼されて作っているBEYOND TACTICALのサンプル品でも、初期の物は、マルチカムのデジタルパターンの物でしたが、その後に上の柄の物が出来てきております。






↓これがDIGI3の今決まっている色目なんでしょうか、。










色々な憶測や情報が飛び交っていますが、本当のところはどうなんでしょうか、。
今回EagleとLBTよりいただいた資料を元にしますと、Wooodland digital patternは、マルチカムのデジタルパターンでは無いように思います。
先日の横田基地での基地祭でも、新しいSOCOMのユニフォームは、Wooodland digital patternと、digital desert patternだと言っておられたとの事です。(友人情報)
まあどうでもよいと言えばそれで終わりなんですが、。やっぱり気になるじゃないですか、。(笑)
好奇心と探究心と言うことでお許しください、。
詳細詳しい方おられましたら書き込みください、。よろしくお願いいたします。


以上、本日はこれぐらいで失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 17:30Comments(0)Military Use

2009年08月28日

MATEBAでよければ、。

こんにちは、FILTERWEB担当のBLUESです。

本日のお題は、こちらです。

MATEBAでよければ、。

攻殻機動隊で一躍有名になったMATEBAですが、個人的には結構前から追っかけていた銃です。
イタリアのMacchine Termo Balistiche社は、現在もう無い会社(2005年に倒産?)ですが、アメリカでは未だに新品が売られているようです。
特にModel6 unica は、オートリボルバーと言うちょっと変わった機構を備えております。初弾をダブルアクションで発射し、その火薬の力で、シリンダーより上を後方へ動かしハンマーを起こしてシリンダーを回すと言う、非常に複雑?な構造のGUNなのです。

普通リボルバーは、シリンダーの上の弾より発射するが、マテバはシリンダーの下より発射する。よって銃身の位置も低くなり、自然とハイグリップになる。慣れるとよくあたるそうですが、サイトとのパララックスが気になるのではないでしょうか、。


口径も357magnum、44magnum、454Casull と3種類


攻殻機動隊のトグサが使用していたモデルは架空のモデルです。ベースは、MATEBA 2006Mを元に口径を9㎜に変更。


MATEBA 2006Mがベースで、トグサ仕様は、MATEBA 2007Mとなっています。


YouTubeにマテバの作動動画があります。わかりやすいです。

こちらをクリック→MATEBA



マルシン製MATEBA 2007M 8㎜BB仕様 当たりません。(笑)
攻殻機動隊ファンとしては一応押さえております。


マルシンさんにもこういうモデルを出してほしいです。


これがモデルアップされるのを祈っております。メーカーさんがんばって~!


他にもこんな冗談見たいなモデルが有ります。


MATEBA MTR-8


以上、今日はこれぐらいで失礼いたします。

近々直販ページを開始いたしますので、FILTERの商品もお買い求めしやすくなると思います。もうしばらくお待ちください~♪




よろしくお願いいたします。



  


Posted by BLUES  at 17:30Comments(2)Military Use

2009年08月27日

最近のハンドガン

こんにちは、FILTERWEB担当のBLUESです。
本日のお題です。

KSC M9 SYSTEM7 !

今陸軍装備を集めております。それにともないハンドガンもM9をチョイスしました。
久しぶりのKSC、思ったより良い感じです。先日のゲームでも使いましたが、他のライフルよりよく飛んでいる気がしました。
システム7になってからは、ブローバックが強くなって、弾の威力は落ちたのかと思っておりましたが、十分飛びます。
しかも、40mくらいなら、人をきっちりと狙えます。






マルイ製に比べると大分しっかりとした作りですね。ショーリコイルもちゃんとします、。(笑)
グリップをリアルに換えただけで、中身は完全なノーマルです。ノーマルでも気持ちの良いガスガン。
使い勝手は別問題ですが、結構気に入りました。
使い勝手の方は、マルイのG17がお気に入りなので、グリッピング的には譲れません。

こんな物も試して見ましたが、実際使うとなると、なかなかめんどくさいですね、。(苦笑)


マルシン製8mmブローバック グロッグ21 BTC風カスタム


薬キョを拾うのがかなりテマです、。だからって使い捨てには、。(苦)


ハンドガンは面白いです。ライフルが必要無いくらい使えますね、。
ただ、ライフルが無いと装備としては中途半端な感じがするので、必要ですが、。
(気持ち的には、ライフルは飾りです、。苦)
気が付けば、ハンドガンのみでゲームをしてしまっているので、意識してライフルを使おうとしている状態です。
年とともに融通が聞かなくなってきている自分がいます、。だめですね、。気をつけます。


さて今日の商品です。

今日ご紹介する物は、ミリタリー関連ではございません、。お許しを、。
でもきっと面白いと思いますよ~!



ケースを取るとシルバーの生地が見えます。
(一見金属を意識した作りなのでしょう~)



「侍」と書かれたケースは、カバーを折りたたんで入れるためのケースです。






適当なグリップと鞘を付けた物は、見たこと有りますが、これは、模造刀用のちゃんとしたパーツを使用。


名刀 雨傘 ! 笑えます。しかも付属のタグに記載されている「名刀 雨傘」の文字ですが、結構有名な書道家の先生が書かれたそうです。
傘のサイズは、70cmと大きいので、男性でも問題ございません。

名刀 雨傘  販売価格¥4800.-(税込み)


いかがでしょうか!ちょっとしたネタにもなりますが、実際に使用するにも問題ございません。

ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB


以上、よろしくお願いいたします。


今回はこれで失礼いたします。



  


Posted by BLUES  at 17:30Comments(0)Military Use

2009年08月26日

EO TECH 551 HOLO SIGHT

こんばんわ、今日2回目の記事です。

EO TECH 551 HOLOSIGHT

最近カタログからは落ちてしまいましたが、まだまだ使用状況は多いです。
コンパクトでしかもIR対応。特にPMCなどのオペレーター向けのAKにぴったりな感じですね、。






EOTECH551にラルー製レティクルインジケーターシール、GG&G製スルーレバー付



いかがでしょうか?結構お気に入りです。


EOTECH551は関係ないですが、最近サバゲでは、マルイ製次世代SOPMODを使っております。本当に楽しいです。トレポンやWAM4は出番が回ってこないですね、。(笑)


バレルを短くして、サイレンサーをつけたぐらいですね。後は、全塗りです。(笑)

EOTECHは、AKに乗せることが多いですが、たまにM4にも搭載しています。
551は、新型のEOTECHに変わります。これも無骨な感じがして気になっています。近々入荷を予定しておりますが、どんな感じなのかな、。楽しみです。

ここにこられている皆さんも色々と持っておられるのでしょうね、。持っておられない方も色々と試して見てご自分に有った物を選んでください。高価な物なので、慎重にお楽しみください。








あ、今日は取り扱い商品と言うことではないですが、今回のEOTECH551に貼っているラルー製レティクルインジケーターシールが、1枚だけございます。
ちょっと高いですが、こんな値段で私も買いました。しかし、付いているのとそうでないのとでは雲泥の差!かっこいいです!
EOTECH551/552用(553にもピッチはあうので付きそうですが、試しておりません)

ご希望の方は、いかがでしょうか?!


販売価格¥3500.-(税込み)
(シールのみのお値段です。ご注意ください。)

ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB


以上、よろしくお願いいたします。


  


Posted by BLUES  at 18:30Comments(2)Military Use

2009年08月26日

FILTER Simply Shoulder Bag

こんにちわ、FILTERWEB 担当のBLUESです。

本日は、新製品のサンプルが上がってまいりましたのでご紹介いたします。

FILTER Simply Shoulder Bag





気軽に持てるバッグを考えていたんですが、やはりこの形が持ちやすいです。
今回のテーマは、普段気軽に持てるバッグ。しかもあまり作りこみすぎずにシンプルに仕上げたかったんです。



表面生地にターポリンを使用
(今回の物は試作段階なので、製品はもう少し厚いターポリンに変更いたします。それから、強度的にも心配なので底の部分にナイロンを当てて補強したいと思います。)



インナーは、FILTER定番のマルチカムコーデュラ1000デニール使用
内側にポケットがありますので、小物を分けて入れれます。



パッチを付けれるように、ベルクロテープを配置。


私が普段持ち歩くのに必要なデジタル一眼レフカメラと、携帯、長財布、名刺ケースなどなどが収納可能。
気軽にお出かけするのに丁度良いサイズだと思います。
(薄い感じですが、結構マチ巾がございます。)
来月には完成品をご案内できると思いますので、ご期待ください~!


先日、仕事で大阪市役所へ行って参りました。


トらやんに会ってきました。(笑)でかいけど、。


大阪がんばっております!


橋本さんもがんばっております。中之島が熱い!



大阪の水がおいしくなっている!水道水が自販機で売っていました。(笑)
名前もいいやん~!



以上、本日はこれで失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 09:32Comments(0)Town Use

2009年08月24日

Mangonel Sight DPMS

こんにちわ、FILTERWEB担当BLUESです。
本日のお題です。

Mangonel Sight  DPMS




みなさんご存知でしょうか?Mangonel(マンゴネル)とは、投石器のことです。





投石器ににた形状のSIGHTと言うことなんでしょうね、。ずいぶん前からあるのですが、日本ではあまりはやらなかったサイトです。個人的には、かなりツボにハマッタ形状なんです。
これは、パンサーアームズと言う会社が取り扱っております。DPMSと言った方が名前が通っているのでしょうか、。AR15系のパーツを色々と作っている会社ですね。
特に、ダストカバーやデルタリングなどの普通のパーツも結構DPMS製が多いです。









前後セットで$224.95 安いですね。


リアルパーツはあまり日本には入っていないようなのですが、最近レプリカパーツが出たようです。
GUNSHOP-FOXさんで取り扱っているようですね、。
私の方にも案内が来ましたが、「NB TROYタイプ M203 FRサイトセット」と名前が付いていました。
写真で見る限り、同じ物に見えるのですが、どうなんでしょうか、。


どう見てもMangonelタイプですね。これよく出来てそうですね。


さてさて、これは本物の使用例です。


どうですか?かっこよくないですか?


マイナーパーツですが、かっこいい物は色々あります。はやり物以外のパーツにも目を向けて見ると人とは違ったカスタムが出来るのではないでしょうか?!



DPMS製の少し変わったレイルです。なんと6面レイル!(笑)


お題の記述はこれで終わります。

和歌山へ行った時に立ち寄ったお店ですが、こんな店がありました、。いいのでしょうか、。


ある意味すごいです!やかんがシュールです。


本日の商品です。

本日の送品は、発売当初から大人気のDVDです。
マグプルダイナミクスVOL 2 まだ見ておられない方は急いでご覧ください!!



クリスコスタ氏の絶叫を聞きながらあなたもタクティカルトレーニングをして見てはいかがでしょうか!


THE ART OF THE TACTICAL CARBINE VOLUME Ⅱ 
特別価格¥6800.-(税込み)


以上、本日はこれで失礼いたします。

  


Posted by BLUES  at 17:30Comments(0)Military Use

2009年08月22日

Aimpoint Micro T-1 With Larue

こんばんわ、FILTERWEB担当BLUESです。
今日のお題は、こちらです!

Aimpoint Micro T-1 With Larue LT660

マグプルダイナミクスで大流行した、コンパクトドットサイトです。






Larue LT660 Tall


最初は少し頼りない感じがしてましたが、使って見るとすごく使いやすいです。
EO-TECHとは違う発想の商品開発です。EO-TECHはレンズ面を極力大きくし、ターゲットに照準しやすくしておりますが、目の悪い人には、EO-TECHの売りであるA65サークルがターゲットを埋めてしまい正確に狙うことが出来ません。しかしMicro T-1は、ドットサイトのボディ自体を小型化し、ターゲットを目視する際に邪魔にならず、しかもドットを合わせやすくなっております。

マウントの方も、各社でそろってきた感じです。一番ポピュラーなのが、Larue製LT660が有名です。
同じLarue製でもHK用のミッドサイズも出ています。




その他にも、GG&G製はキャップがマウントに付属しています。


少し大きいですが、かっこいいです。


こちらは、アメリカンディフェンス製。この会社は、最近オペレーターの間でも話題になっているそうです。ひそかに使いやすいようです。(M2、M3用ですが、。)




定番的なメーカー、A.R.M.Sからも発売されております。




Daniel Defenseからも出ています。少しモダンな感じがして、ミリタリーな感じはしませんが、かっこいいです。





Larueから、トリジコンと、その上に乗せるマウントも出ています。少し無骨ですが、面白いですね。




最近ではMilitaryUseも出てきました。使いやすさと軽さが認められたのでしょうね、。


Aimpoint ブースターとセットで使っていますね。


後面白い使い方。これはどうなんでしょうか、。


ちょっとデカすぎないですか?!(笑)



以上、長くなりましたが、本当に使いやすいドットサイトなので、まだ使っておられない方、いかがでしょうか?!

今回の商品です。

そう、お題と同じドットサイトです。





Aimpoint Micro T-1 With Larue LT660 マウント付 販売価格¥118000.-(税込み)


少量での入荷ですので、お早めにご連絡ください。

ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB

以上、本日はこれで失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 19:03Comments(0)Military Use

2009年08月21日

SCAR!グレネードランチャー付

こんにちわ、FILTERWEB担当のBLUESです。
本日のお題です。

SCAR!Withグレネードランチャー!!

VFC製SCAR-L(ライト)にSTAR製グレネードランチャーを付けて見ました。
なんだかすごい事になってしまいました。何故こんなことに???
M4なら普通に付けている物をSCARに付けて見たんですが、。なんだか戦艦のようなフォルム。




ただランチャーを付けて、ライト(X300)とPEQ15(レプ)とC-MORE、前後サイトはTROY製を、後はサイレンサーを付けただけなのに、。


元々銃の形をしていないと言われていたSACRですが、実銃の写真で見るより、宇宙船っぽくなってしまいました。


どうですか?これを見るとそんなにこってりとしていないですよね、。


このSCARですが、アメリカ軍への納入が始まっています。実際に陸軍への納入記録は発表されております。


NASCARのオープニングイベントに参加。




当時これに憧れて、SCARが出るのを心待ちにしておりました。


ガスピストン方式なので、作動は良いと思われますが、最初のトライアルでは、作動不良が原因で落ちたと聞きす。詳細は定かではございませんが、その後何度かの改良がなされ、採用にこぎつけたのでしょう。

軽量でしかもストックを折り曲げるとかなりコンパクトに出来る。レイルへの装着は必要十分で、M4の操作感があり、M4からのコンバートも問題なさそうです。セレクター、マグキャッチなどもアンビ(両手で使える)対応なので、左利きの私にも使いやすいです。(左右のトランディションもOK)

バリエーションも308口径用のSCAR‐H(ヘビー)が有ります。SCAR-Lは、ご存知でしょうけど5.56mm用(ライト)です。その他、銃身の長さにもバリエーションがあり、このあたりはM4を意識しているのでしょう。



STAR製SCAR‐H BLACK 黒はなんだかSCARらしくないですが、これはこれで気にいってます。







宇宙戦艦SCAR~!


ちょっと自分の趣味とは違う物が出来てしまいましたが、これも楽しみの内でしょうか、。

色々と作って見るのも面白いですね。

本日の商品です。









ドットサイトは別途お買い求めください。

EO TECH 3X magnifier(マグニファイヤー) 販売価格¥76650.-(税込み)

もう説明は要らないと思いますが、ドットサイトの後ろに取り付け簡易スコープとなります。
急な敵との遭遇の際は、サイドへ倒すと即等倍のドットサイトへと移行できます。
レプリカとは違うリアルの質感をお楽しみください。(ドットサイトは別途お買い求めください。)



以上、本日はこれで失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 17:00Comments(0)Military Use

2009年08月19日

脅威のLED BULB!

こんにちわ、FILTERWEB担当のBLUESです。



※お題とは関係の無い写真です。中国軍SEGWAY部隊!


さて今回のお題です。

SOLAR FORCE製 CREE R2 300L LED BULB !






今回ご紹介するLED ライト用バルブは、シュアファイヤーなどのフラッシュライト用の交換ヘッドバルブです。6Pに取り付ければ、240ルーメン、9Pなら300ルーメンの明るさがあります。
しかも、遠距離まで飛ぶので釣りなどにもかなり使えます。
従来のキセノンヘッドの入ったライトにも対応しておりますので、古くなったライトも最新の燃費と明るさを得ることが出来ます。しかもお安く、お買い求めしやすい物です!

通常のG2やG2L、それに互換しているサイズの物なら交換可能です。P60Lの入る物ならOKです。G&Pなどの同サイズの物にも交換できます。(ただし若干調整の要る物もありますのでご注意ください)






SOLAR FORCE製 CREE R2 300L LED BULB !上代価格¥5460.-(税込み)
販売価格¥4800.-(税込み)
※業販いたしますので、お気軽にご連絡ください。


ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB


頭に使ったSEGWAYの写真ですが、調べて見ると何時の間にか結構普及しています。
何年か前に最初に見てから形はあまり変わっていないですが、内容は進化しているのでしょうね、。
日本国内は、まだまだ道路交通法の問題で、一般的には難しそうですが、。
見ていると便利そうなので、是非とも欲しいですね、。


こんなのも有りました。かっこいいけど、。笑)




これはあかんでしょ、。苦笑)



今日はこれで失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 18:30Comments(0)Military Use

2009年08月19日

NIGHT SIGHT (蓄光サイト!)

おはようございます。本日もよろしくお願いいたします。
本日のお題は、こちらです!

NIGHT SIGHT(紫外線硬化型 蓄光サイト!)紫外線ミニライト付

今回ご紹介する商品は、光らせたいところに塗付し、付属の紫外線ミニライトを30秒照射するだけで簡単に夜間サイトが出来るセットです。
蓄光材の中でもトップクラスのルミノーバを紫外線硬化樹脂に混合。メーカー表記では、1分間の照射で、約8時間発光するとの事です。まあ、それは大げさな感じですが、今までの蓄光材とは比べ物にならないほど光っております。(塗付量が多ければ多いほど発光時間は延びます)



KSC製グロック19へ塗布いたしました。



良く光ります!



セット内容です。

付属の紫外線ミニライトです。


実は、某鉄砲メーカーへ出荷している物と同じ物です。なので安心して使ってください~♪
そろそろ夜戦のシーズンです。ご自分の愛銃を夜戦仕様へとカスタムしてください!

NIGHT SIGHT(紫外線硬化型 蓄光サイト!)紫外線ミニライト付
上代価格¥3675.-(税別)→ 特別価格¥2940.-(税込み)
※業販も受け付けております。お気軽にお申し付けください、。

ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB

以上、本日はこれで失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 09:00Comments(0)Military Use

2009年08月18日

SUBROC!

こんにちわ、FILTERWEB担当のBLUESです。

今回のお題です。

SUBROC製マルチカムポンチョ!

趣味の中でもミリタリーと釣りは、結構かぶっている方が多いようです。
私もそのうちの一人です。よって気になるアイテムはこちらでもご紹介いたします。
今回のアイテムは、釣り用アイテムを提案中のSUBROCより、マルチカムコーデュラ330デニール使用のエマージェンシーポンチョです。



釣り用にしゃがんだ際に後ろ側が地面に付かないように短めになっております。




後頭部と首周りで調整が利きます。




四隅についているループを使えば、簡易タープとしても使えます。




こちらの業界では、マルチカムの迷彩力を語らなくてもよさそうですね、。(笑)


ミリタリー用としても使用していただけます。
ただし、あくまでも簡易的なポンチョですので、豪雨などには向いておりません、。
縫製箇所には、裏にウレタンコーティングを施しております。
キャップをかぶっている場合はポンチョのツバを出して、キャップをかぶっていない場合はポンチョのツバを内側に織り込んで着ていただくと良い感じです。

縫製について
縫製は、国内外で活躍する自衛官や法執行官向けに製品を縫製している工場にて、一つ一つ丁寧に縫製しています。通常釣りに使用する縫製品は、ほとんどが中国などの海外工場にて格安な賃金で縫製しております。したがってクォリティはマチマチで信頼が置けません。しかしSABROC製品は日本国内の特別な工場にて縫製しておりますので、通常(釣り用)では考えられないような耐久性があります。ご安心してご使用していただけます。もし縫製がほどけてくるような事がありましたら、工場にて修正させていただきます。(※使用状況により有料となります。)


SUBROC製マルチカムポンチョ 

マルチカムコーデュラ330D使用 販売価格¥18900.-(税込み)


ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB


今回のポンチョですが、実は、SUBROCとHIYOKOブランドとのコラボ製品となります。
このHIYOKOブランド、TOPウォーター(TOP系ルアーを使った釣りをメインで取り扱っている)ブランドでは、かなり有名ブランドです。釣り好きの方で、知らない方は是非とも、こちらのポッドステーションをダウンロードして聞いてみてください。かなり笑えます!釣り業界の有名人が次々に登場。お勧めいたします。

以上、今回はこれぐらいで失礼いたします。

  


Posted by BLUES  at 17:30Comments(0)Fishing Use

2009年08月18日

ジャイアント・トらやんって何やねん~!

おはようございます。
本日のお題はこれです。↓

ジャイアント・トらやんって何やねん~!



ニュース記事では、「ジャイアント・トらやんって誰やねん」でしたが、それ以前に何これって感じですね、。

大阪市役所玄関ロビーに17日、近未来を思わせる高さ7・2メートルの巨大ロボットが展示されている。
当初これは、お台場のガンダムに対抗してのことかと思いましたが、どうやら違うみたいです。

22日から市中心部で開かれるイベント「水都大阪2009」で、街並みにアート作品を設置する企画の一環で、ロボットは大阪府出身の現代美術作家、ヤノベケンジさんの「ジャイアント・トらやん」で、腹話術人形をモデルに鉄やアルミニウムで制作したそうです。期間中の10月12日まで展示しているようです。なんと、口から火を吹くことも出来、手足が動き目も光るそうです。
ただし、火を吹くことは防火面の問題で許可が下りなかったようです。(苦笑)
それでも30分に一度しゃべったり動いたりするようです。

お台場ガンダムに勝てるのか~?!がんばれ大阪!!

ちなみにお台場のガンダムです。先日見に行ってきました。(笑)


ちょっと加工しております。


さて本日の商品です。

LBT-1476A バックパックのコヨーテタン(Coyote Tan )です。





わかりにくいかもしれませんが、色見本です。(※モニターにより実際の色目とは違う場合がございます。)

SEALSと直結している London Bridge Trading なので、その使用率はかなりの物です。
イーグル製で同じような物があれば元はこの London Bridge Trading 製と言っても過言では無いです。
本家より有名になったイーグル製のA3パックと同様の商品です。A3パックに比べるとお求め安い価格になっております。
販売価格 ¥22000.-(税込み)

装備の一つとしても使用できます。後、フィールドまで小物をまとめておくバッグとしても重宝する商品だと思います。

ご希望の方はこちらまで→FILTERWEB

よろしくお願いします~♪


  


Posted by BLUES  at 09:00Comments(0)Others

2009年08月17日

DIGI2とDesertMARPATの違いについてその2

DIGI2とDesertMARPATの違いについてその2です。

この内容で書くには情報が少ないので、何ともいい加減な内容になってしまいますが、お許しください、。
前回の記事を書いた後にご指摘をいただき、その後も色々と調べてみました。
アメリカ国内でも、知っている人が少なく、シールズの隊員でも直接かかわっている人間しかわかっていないようです。
(まあ当たり前のことでしょうけど、。)
その中でも、一番直接的で、信頼性の高い内容を少し書いて見ます。




EagleとLBTに再度確認を取って見ました。
すると、AOR1=digital desert patternと言うのは間違いないようです。(※修正させていただきました。)
ただし、DIGI1とかDIGI2とかと言う内容は良くわからないとの事で、DIGI表示はマテリアルの開発番号みたいです。
AOR2=Wooodland SOCOM digital pattern(マルチカムのデジタルパターン)の写真が届きました。

少し不安が残るのは、Eagleに現在入っているAOR2での製作依頼分の色目が、マルチカム系では無かった言うことも言っておられました。ますます疑問が深まります。

後、この他に当初ウッドランドマーパット?(俗に言うマーパット)を出荷したが、マルチカムに変更になり、しばらくはマルチカム生地を使って作っていた(今でも)そうです。
生地は、USSOCOMより支給されているようですが、支給後も、生産数量まで、監視しており、一般に出ないようにしているとのことでした。

上記内容は、装備品メーカーよりの回答を元に書いております。
実際の事は良くわかりません、。お許しください、。

まあ、イーベイの動向など見ていると、海外でもすごく注目している内容なのでしょうね、。
マニアはすごいですね、。
これからも、出来る限りの情報を取っていきたいと思いますが所詮一般市民なので、わかる範囲内と言うことでお許しください、。また何かわかりましたら更新していきます。
後、詳しい方がおられましたらお教えいただけましたら幸いです。

本日の商品のご案内です。


今回もLBT製品です。再入荷いたしました。


LBT-1961A ACUカラー 特別価格 ¥32000.-(税込み)
前回すぐに売りきれましたチェストリグです。今回も少量での入荷ですので、ご希望の方はお早めにお願いいたします。
今回を逃すと、しばらくは入荷いたしませんので、ご注意ください。(LBTへのまとまった製作依頼が無い限り作らないようです)

以上、よろしくお願いいたします。  


Posted by BLUES  at 15:50Comments(2)Military Use

2009年08月13日

DIGI2とDesertMARPATの違いについて

こんばんわ、FILTER担当のBLUESです。今日は少し遅めですが、明日から盆ホリデーですので、しばらくお休みいたします。

さて本日のお題です。

DIGI2とDesertMARPATの違いについて

DEVGRUが使用している事で、流行り出しているDIGI2迷彩と、海兵隊が使用しているDesertMARPATの違いについて書いてみます。柄を見てもあまり違いがわからない迷彩柄。
「いったいってどうなっているの?!同じじゃないの?!」なんて言っているとマニアの方にツッコマレそうですが、。(笑)


DEVGRU使用、DIGI2迷彩柄のロンドンブリッジ(LBT)製1961Gマルチパーパスチェストリグです。




こちらはUSMC使用のDesertMARPAT生地です。


こんな事になっている原因に、米軍の中(陸、海、空、海兵隊)の確執があります。
DIGI2迷彩が開発された発端は、DEVGRU(SEALSチーム6)が、所属しているUSSOCOMには、陸、海、空、海兵隊の特殊部隊が、所属しております。
よって、USSOCOMが行う、合同作戦や、合同訓練の際に、ユニフォームがあまりにもバラバラで、統一感が無く、指揮系統にも乱れが出ると考えられ、統一したユニフォームを作る事になりました。
その際に、海兵隊とは違うユニフォームのDIGI2が開発されました。
砂漠での作戦では、DIGI2迷彩柄が決まり、ジャングル戦では、マルチカムが決まりました。

軍同士の確執には、映画「ブラックホークダウン」の中で、レンジャーの上官(マイク・スティール大尉)とデルタ隊員(ジェフ・サンダーソン軍曹)との間の対立が有ります。
これは、レンジャー隊員は陸軍からの命令系統で動いており、デルタ隊員は、USSOCOMからの命令系統で動いております。だから映画のような対立が起こったのでしょう。
こういうところを見るのも面白いところだと思います。



写真はデルタ隊員のようです。


現在は非常に手に入りにくいDIGI2ですが、SOCOM傘下の全部隊に配備されると今後は市場に沢山出てくるでしょう。
焦らずにゆっくりと揃えていけば、安価で、手に入れることが出来ると思います。



SEALS用のガンキットです。こういうのを再現して見たいですね、。


近々入荷予定の商品です。



XPS3-0 です。従来の551と同じサークルタイプのドットです。価格はまだ決まっておりません。


ご希望の方は、ご一報ください。今回も少量での入荷となります。お問い合わせはこちら→FILTERWEB


  


Posted by BLUES  at 21:11Comments(0)Military Use

2009年08月12日

FILTER トートバッグのご案内です

こんばんわ!Web担当のBLUESです。
本日2度目の登場です~!

FILTERオリジナルビジネストートバッグのご案内です。

ちょっと渋めの製品です。


サラリーマンをしていた時にこういう鞄を探していたのですが、ありませんでした。



その時の思いをやっと形にすることが出来ました。



A4サイズのファイルが入ります。



内側にマルチカム生地を採用し雰囲気はしっかりと出ています。



今回もミニボストンバッグと同じく馬革にマルチカムR6生地を使用しております。

普段の営業用バッグとして最適です!
現在製作中ですので、もうしばらくお待ちください。
お問い合わせはこちらまで→FILTER WEB

以上、現在色々な製品を順次製作中です。もうしばらくお待ちください~!
完成いたしましたら再度BlogへUPさせていただきます。


話は変わりますが、今気になっているサイトです。


matech製 マイクロT-1用マウント。ちょっとほしいですね。



違う角度から、。使い勝手は悪そうな感じですが、。



MATECHは、これを作っているメーカーです。



本日はこれで失礼いたします。






  


Posted by BLUES  at 20:30Comments(0)Town Use

2009年08月12日

ショットガン使い!

こんにちは、今日もよろしくお願いします。

今日のお題は、SHOTGUN!です。

特に日本でも、所持しやすい銃と言えば、散弾銃(ショットガン)です。
少し面倒な手続きが必要ですが、がんばれば持てます。
前回までは、ミリタリーやM4(AR15)を中心にご紹介してきましたが、スポーツシューティング界にもかっこいい人がいます。
そう、今回はショットガンにターゲットを絞りご紹介したいと思います。




Winchester Super X3 を使いこなす、すごいお兄さんです。
Patrick Flanigan のパフォーマンスです。



ショットガンの乱れ撃ち~!フルオート並みの連射力


動画でもわかりますが、使いこなすと普通では考えられない程の反応速度が得られます。
スキート射撃を極めておられる方は、それこそCQBトレーニングをしておられる人並か、それ以上のスキルを持っていると言われています。
私の知人でも一人いますが、狩猟で水平2連の銃には弾を込めていない状態で山を歩いていて、ターゲットの鳥が飛び立つのを確認後、弾を込め、しとめると言うことを普通にやってしまいます。瞬間でターゲットか判断し弾を込め、しとめると言う能力は尋常ではありません。
リアルガンの方も奥の深い世界です。そこら辺にいる猟師の人もなかなかどうして、すごい人がいるかもしれません。
興味のある方は是非挑戦してみてください。


スキート射撃の様子

レミントン870


リアルガンでも10万そこそこで買えてしまいます。しかも中古なら5万くらいで売ってます。

TOYGUNとはぜんぜん違う世界ですので、同じ扱いには出来ませんが、取り扱いなど真剣に取り組むなら面白い世界だと思います。
取得方法→ここをクリック


本日の商品のご案内です。

狩猟用ガンカバーです。(簡易的なカバーですので、すぐに取ることが可能です。)
林道を歩く際には、このカバーを付けていて、林や森の中に入ったら、剥ぎ取る。と言う使い方です。














生地は、CRY PRECISION製 マルチカム 330デニール使用です。
これからセカンドロットを製作いたします。
ご希望の方はもうしばらくお待ちください。

お問い合わせはこちらまで→FilterWeb

以上、今日はこれぐらいで、失礼いたします。




  


Posted by BLUES  at 11:50Comments(0)Hunting Use

2009年08月11日

トレーニングウエポンとLi-Fe

こんにちは、今朝も駿河湾で大きな地震がありましたが、皆さん大丈夫でしたでしょうか、。
防災バッグや水などをいつでも持ち出せるように用意しておきましょう。

SYSTEMA PTW ! 

本日のお題ですが、全国のM4ファンがこよなく愛するシステマ製トレーニングウエポンのカスタムに付いてです。




さて、システマトレーニングウエポンの欠点?(私的に)と感じるのが、ストックに入れる大きなバッテリーです。
最近は、ストックパイプにLi-Poバッテリーを入れる方も出てきておりますが、このLi-Poバッテリーの不安定さが気になります。
とことんコントロールされておられる方は良いのでしょうけど、私のようにルーズな性格でしたら、どうしても不安です。
そこで、Li-Feをストックパイプに入れることを考えました。
当然、M4用のFET基盤は大きすぎるので、MP5用に交換。しかも、ヒートシンクのアルミ板を出来る限り小型化し、削れるところは削りました。一応、ヒューズ基盤も2階建てにし取り付けました。
バッテリーのコネクターも大きかったので、極力小さいT形の物に変更しております。


システマノーマルストックパイプならぎりぎり収まります。





バッテリーの交換は前側より行います。





ストックパイプ後端より、前側へ押し出します。




こんな感じです。



って事で、いろいろ手はかかりましたが、Li-Fe化は出来ました。
サイクル的には、少し遅い感じがしますが、セミオートで使うことを考えたらそんなに気にならないと判断しました。
しばらくはこれで使ってみたいと思います。
今回使用したLi-Feバッテリーは、IREさんの物で、9.9V1000mAhの物です。サイズ的にはシステマストックパイプにはぴったりのサイズです。一度お試しください。

カスタムには色々な楽しみ方があると思います。内部や外部、その両方。自分の考える形に挑戦して行く事も楽しみの一つです。色々なことを勉強しながら、良い距離感で楽しんでください。(あくまでも法律の中で楽しんでくださいね♪)


今日の商品案内です。

ダミープレート Mサイズです。








プレキャリ、サイラス、アーマーの必需品です。これを入れないとかっこいい形はでません。
きっちりとした商品です。(※あくまでダミーなので、弾はとめることは出来ません。苦笑)

■ダミーアーマー/1枚 Mサイズ 販売価格¥1890.-(税込み)

ご希望の方はこちらまで→FilterWeb

最近買いだめしていた本を読みましたがその中の一つです。はまりました、。是非とも読んでみてください。


ただの雑誌ですが、面白いですよ。もう第2巻めが発売されているようです。


以上、本日はここまでです。
それでは、失礼いたします。


  


Posted by BLUES  at 13:34Comments(3)Military Use

2009年08月10日

M4カスタムその他

こんにちは、FilterWeb担当のBLUESです。
昨日は日本中で地震がありました。東海沖地震が怖いです、。

さてさて、地震は不安ですが、とりあえずBlogは更新しておきます。
今日もM4を題材に最新のパーツをご紹介いたします。
なんせM4はライフル界のハーレーと呼ばれているように、外品で一丁組めてしまいます。しかもコンプリートカスタム品も各社からでています。
その中でも、面白いレシーバーを作っているメーカーです。

American Precision Arms (APA) !

銃へのこだわりから始めたカスタマー。ライフルからのスタートで、今ではAR15用のパーツもやっています。
軍上がりでは無いが、銃への探求心が原動力。自分の信じるカスタムを続けることで軍にも認められてきたそうです。
Precision Arms (APA)






トリガーガードとマグウェルがカスタムされているロアーレシーバー。何気にアッパーレシーバーも変わってます。使いやすそうです。ミリタリーでの使用写真があればもっと普及しそうなんですが、。


一見TOYGUNのように見えますがリアルです。EOTECH551にTANカラーってあったのかな?



そのうちマルイ用か、トレポン用もしくはWA用で出るのでしょうね、。楽しみですが、出来たらマルイ次世代用で出てくれるとうれしい限りです。次世代は海外ではあまり売れていないようなんで、パーツが出てこないようですね。でもこういう実用も兼ね備えたカスタムパーツはどんどんと作って行って欲しいです。



EOTECHの新型です。XPS3 コンパクトで使いやすそうです。上の銃に付いているのはこれかと思いましたが、。


M4(AR15)のカスタムと言うと外観を中心としたカスタムが多いですが、実銃となると見た目だけではありません。
特に、アキュラシーに関するパーツは、まず最初にいじるところなんでしょうね。その辺はTOYGUNでも同じかも知れません、。


Americanspiritarms製 Timney 3LB Pull Skeleton Trigger 3ポンドの重さのカスタムトリガーです。レプリカパーツも形だけでしたら同じような物が出ていますね、。


同じくAmericanspiritarms製のアッパーレシーバーです。こんなのもあります。FALみたいです。(笑)


M4(AR15)は調べるととことん面白い銃です。本当にいろんなパーツが出ています。
自分流のカスタムガンを組み上げるには最適なのかも知れませんね、。
まだまだ沢山ありますが、今日はこれぐらいにしておきます。


今日も最後に商品のご案内です。

ブローニング製キャップです。
正面にブローニングのシンボルマークである、バックマークが大きく入っています。
モッシーオークと黒のツートンカラーがかっこいいです!
今回も少量での入荷です。是非ともこの機会にいかがでしょうか?!
販売価格 ¥3150.-(税込み) 
ご希望の方はこちらまでご連絡ください。 →FILTERWEB
















以上、本日はこれで失礼いたします。




  


Posted by BLUES  at 13:30Comments(0)Military Use